家計 経済

新婚生活1ヶ月目の生活費は?同棲や結婚を控えるカップル必見!

家計

こんにちは!まったりです!

当ブログをご覧いただきありがとうございます!

今回はプライベートな話になりますが、新婚生活1ヶ月目の家計についてお話します!

まったりさん!結婚したの!私という者がいながら・・・

きらきら
まったり

申し訳ないです・・・。その代わり赤裸々に家計についてお話するので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

家計を公開しようと思った理由

新婚生活が始まったばかりで色々と悩んだことが多かったです。

特にお金のことについては、サンプルが山のようにあるため、一番苦労しました。

その苦労の末、先月は黒字で着地することができたので、どうせなら家計を公開して、同棲しようか悩んでいるカップルさんや僕たちのような新婚夫婦の方に参考になっていただけたらなと思い、今回公開することになりました!

念の為、家計を公開していいのか嫁と話したところ、ありがたいことに賛成していただいたので、今回記事にしました!

あくまでサンプルの1つとして参考にしていただけると幸いです!

家計の費目はどうやって決めていったのか?

共通口座に入れる金額を決めるにあたっての経緯

僕たちは今現在共働き夫婦なので、2人のそれぞれの基本給から社会保険や税金を抜いた手取りをそのまま共通口座に入れています!

残業代やボーナス、家賃補助(僕のみ)、は出ておりますが、共通口座に入れておりません!

理由としては、以下です。

残業代やボーナス等を含めない理由

  • 残業代やボーナス、家賃補助が今後発生しないまたは想定より低くなる可能性が出てくるため
  • 残業代やボーナスを頼りにしていると、それありきで生活水準を挙げてしまう可能性が高いため

その代わり、残業代や家賃補助については、お小遣いにしています!

ボーナスの使い道については、後ほど家族会議を開いて検討します!

それでは、気になる僕らの共通口座に入れる金額は、こちらです!

共通口座に入れる金額

まったり:210,000円

嫁:180,000円

合計:390,000円

家計の費目を作成するために何を参考にしたか?

家計の費目ですが、これは各家庭で個性が出ると思われます!

僕たちも最初はネットで「家計 費目」と検索し、サンプルを見つけて、これは費目に入れよう!これはいらないみたいな仕分けをした上オリジナルを作っています!

家計の費目を紹介!

それでは、家計の費目の定義を以下の表に記載します!

固定費

固定費はこのような内容です!

費目名 定義
貯蓄 貯金、つみたてNISA等
家賃 共益費込みの賃貸料金
通信費 携帯代・wifi代
サブスク関連 サブスク

変動費

変動費はこのような内容です!

費目名 定義
食費 スーパー、外食に関する費用
水光熱費 水道代、電気代、ガス代
日用品 消耗品(ドラッグストア等)
保険・医療 保険代、病院代
交際費 観光、映画、カフェ代等
交通費 電車賃、バス代、タクシー代

上記に加えて、バッファが入ります。

バッファとは、主に赤字月補填の緊急費みたいなものなので頭の片隅に置いておきます。

実はシミュレーションしていました!

家計を公開する前に、僕たちは家計のシミュレーションをしていました!

先ほどご紹介した、共通口座に毎月入れる金額をもとに以下の予算を立てています。

後ほど、シミュレーションとの比較もできるように各費目に対しての金額を以下に記載します!

共通口座

費目名 定義
共通口座 390,000円

固定費

費目名 予算
貯蓄 119,666円
家賃 148,000円
通信費 18,500円
サブスク費 1,600円
総計 287,766円

変動費

費目名 予算
食費 45,000円
水光熱費 12,000円
日用品 4,000円
保険・医療 5,000円
交際費 20,000円
交通費 12,000円
総計 98,000円

総計

費目名 予算
総計 385,766円

貯蓄

貯蓄

最初に決まったのは貯蓄でした。

こちらは、僕が以前よりつみたてNISAとidecoを満額でやっており、嫁もつみたてNISAを満額で始めました。

そうすると、33,333 × 2 + 23,000 = 89,666円です。

あとは少し貯金も必要だよねということで貯金30,000円とすると、合計119,666円になりました。

貯蓄に関しては、貯蓄率が平均の30%辺りになっているため、この金額で進めることにしました。

家賃

家賃

家賃については、シミュレーション時に既に新居が決まっていたので、148,000円と家賃の目安である手取りの30%を大幅に超えてます。。

勤務地から30分以内、駅近にしたい、なるべく築浅、オートロック、RC造り等要望があり、その結果この金額になりました。

色々話し合いをしましたが、子供ができるまでは、自分たちが快適で満足に過ごすことにこだわることを優先にしました。

僕は家賃補助が出ているので、今後の状況によっては、家賃補助を組み込む可能性はあります。

ちなみに家賃は高くなってしまいましたが、初期費用については以下の記事のように安くおさえられたので、気になる方は参考にしてみてください!

引っ越し
引っ越しの初期費用を抑える方法は?安くするコツと得な転居時期についても!

続きを見る

通信費

通信費

通信費については、一旦予算としては高めの設定にしています。

この内訳は、将来購入予定の新型iPhoneの分割金と最近流行りのahamoやpovoにし、さらにwifi代を加えた金額です。

今の段階では、ここまで高くならないです。

サブスク費

エンターテイメント

こちらについては、月額費用がかかるものだけを加えております。

現在ですと、auスマートプレミアムパス(550円)とAmazon Kindle Unlimited(980円)です。

年額で支払っているものに関しては、別途1年間での収支の際に加えようと考えてます。

例えば、Amazon Prime、セキュリティソフト等

ちなみにauスマートプレミアムパスを契約している理由につきましては、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

エンターテイメント
au以外の契約者でも利用できる!お得なクーポン満載のauスマートパスプレミアム!

続きを見る

食費

食費は大体手取りの12〜15%と記載があったため、キリのいい数字に均してこの数字になっています。

僕たち夫婦は、お酒を家で飲まないので、これでおさえられると考えております!

水光熱費

こちらは、今回初めて2人で住むため、一旦僕が一人暮らしの際に算出した金額を載せています。

食洗機やドラム式洗濯機の導入段階であったため、5月の電気代からは4月分より増える可能性は高くなります。

日用品

こちらは大体の目安で考えているので、特に数字の根拠はありません。

保険・医療

こちらは大体の目安で考えているので、特に数字の根拠はありません。

ただし、生命保険等は子どもが生まれたときに考えることにしています。

理由としては、簡単ではございますが、公的な保険でまかなえると考えているからです。

これに関しては、両学長の「本当の自由を手に入れるお金の大学」という書籍から参考にしています。

本当の自由を手に入れるお金の大学の購入はこちら

本当の自由を手に入れるお金の大学を購入する

交際費

こちらは大体の目安で考えているので、特に数字の根拠はありません。

スポンサーリンク

新婚1ヶ月目の家計を公開!

まったりさん夫婦は、色々計画立ててすごいなあ・・・
それで結果の方は?( ^ω^ )

きらきら
まったり

おまたせしました!結果はこちらです!

4月の結果!

固定費

費目名 予算 支出額 予算比
貯蓄 119,666円 119,666円 0円
家賃 148,000円 148,000円 0円
通信費 18,500円 4,079円 +14,421円
サブスク関連 1,600円 1,600円 0円
総計 287,766円 273,345円 +14,421円

分析すると、やはり家賃が一番かかっているなあという印象です。

通信費が予算よりおさえられている理由は、嫁の携帯代が諸事情で個別の会計になっています。

また通信費に入るwifi代に関しては、楽天モバイルを利用しているため、費用がかかっておりません。

その結果、予算より低めの支出となりました。

変動費

費目名 予算 支出額 予算比
食費 45,000円 37,786円 +7,214円
水光熱費 12,000円 18,023円 -6,023円
日用品 4,000円 17,299円 -13,299円
保険・医療 5,000円 3,654円 +1,346円
交際費 20,000円 1,456円 +18,544円
交通費 12,000円 7,589円 +4,411円
総計 98,000円 85,807円 +12,193円

変動費に関しては、日用品と水光熱費が予算より高くなりました。

日用品に関しては家に必要なものが揃っていなかったため支出が増えたと考えられます。

5月はもう少し支出がおさえられるのではないかと考えています。

食費については、僕たちはお酒をあまり飲まない夫婦でかつ自炊をしているので、支出をおさえることができたと考えています。

また、食品の購入はほぼスーパーを利用しているため、支出をおさえることができたと考えています。

そして、土日のランチは外食するのですが、最近バーコード決済が徐々に浸透してきたため、元々持っていたポイントで決済できたのも、支出をおさえる要因になったと考えています。

交際費の支出をおさえられた要因は、先ほどの外食の件と同様にポイント決済を利用してカフェ代をおさえていたので、この結果になりました。

交通費に関しても、お互い定期券内の駅で買い物等済ませていたので、支出をおさえることができました!

総計

費目名 予算 支出額 予算比
総計 385,766円 359,152円 +26,614円

4月の総計は黒字の結果に終わりました!

通信費に関しては今月は特殊でしたが、その特殊な黒字を除いたとしても、しっかりと黒字で着地することができています!

5月も継続して予算内達成に向けて、がんばります!

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回初めて家計を公開したのですが、これから一緒に暮らすカップルさんや新婚夫婦の方になっていただければ幸いです!

今回のシミュレーションについては、5月、6月の結果を見て、再度シミュレーション実施し、最新化します!

来月も嫁に許可を得たら、公開しようと考えておりますので、お楽しみに!

最後にこの記事を見て、参考になった方がいらっしゃれば、Twitterやっておりますので、フォローしていただき絡んでいただけると嬉しいです!

それでは、今日もまったりと頑張りましょう!

スポンサーリンク

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-家計, 経済
-,